手塚治虫「どろろ」が舞台化 鈴木拡樹が舞台&アニメで百鬼丸に - 2018年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
「どろろ」鈴木拡樹(左)と百鬼丸

▲ 鈴木拡樹(左)と百鬼丸

ギャラリーで見る(全4枚)


手塚治虫「どろろ」が、鈴木拡樹の主演で2019年3月に舞台化。鈴木は、2019年1月より放送されるTVアニメ版でも声優を務める。

人びとが領土の繁栄を願った代わりに、12体の鬼神に奪われた48の身体の部位を取り戻すため、両手の義手に仕込んだ刀で戦い続ける全身つくりものの男・百鬼丸と、彼と旅路を共にする少年どろろの物語を描いた本作。1960年代に連載され、TVアニメ化されるのは、1969年に放送されて以来、50年ぶりとなる。

このたび、再アニメ化とともに舞台化も決定。舞台で百鬼丸役を務める鈴木は、TVアニメ版でも同役の声を務めることとなった。

■鈴木拡樹
手塚治虫生の名作に関わることができてとても光栄に思います。百鬼丸を演じるにあたり、どろろとの関係構築、バディー感を大切に演じたいと考えています。舞台・アニメで同じ役を演じさせていただけることはとても貴重な機会だと思います。自身にとってTVアニメの声優は初挑戦になりますが、チームスタッフの皆様のお力もお借りして視聴者の皆様に最高の作品をお届けします。

この記事の写真

  • 「どろろ」鈴木拡樹(左)と百鬼丸
  • 鈴木拡樹
  • アニメ「どろろ」キービジュアル
  • アニメ「どろろ」PV

インフォメーション


TVアニメ「どろろ」

【スタッフ】原作=手塚治虫「どろろ」 監督=古橋一浩 シリーズ構成=小林靖子 キャラクターデザイン=岩瀧智 音楽=池頼広 アニメーション制作=MAPPA/手塚プロダクション
【キャスト】鈴木拡樹(百鬼丸)/鈴木梨央(どろろ)/佐々木睦(琵琶丸)
ナレーション:麦人

2019年1月より放送予定

*記事中、手塚治虫の塚は正しくは旧字体

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10160