主演・伊藤節生、舞台化第2弾は「期待通りそれ以上」 『モブサイコ100 裏対裏』開幕コメントが到着 - 2018年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

『モブサイコ 裏対裏』開幕 11 写真左より、平田裕一郎、松本岳、伊藤節生、馬場良馬、河原田巧也、なだぎ武

▲ 写真左より、平田裕一郎、松本岳、伊藤節生、馬場良馬、河原田巧也、なだぎ武

画像を拡大

このほかの写真も見る

ONEの人気漫画の舞台化第2弾、『モブサイコ100〜裏対裏〜』が、13日に天王洲 銀河劇場にて開幕した。

「ワンパンマン」原作でも知られるONEが、小学館のマンガアプリ「マンガワン」で連載中の「モブサイコ100」。口ベタ、内気で、勉強やスポーツも苦手な、さえない存在だが、強大な超能力を持つ中学2年生・影山茂夫(通称:モブ)は、普段、押さえ込んでいる感情が“100%”を超えると、隠された力が暴走してしまうというストーリーだ。普通の青春を願うモブと、彼を取り巻くおかしな人びとの姿を描く。

今回は、今年1月の初演に続く第2弾。影山茂夫役はTVアニメ版でも同役の声優を務めた伊藤節生が、前作から続投。同じく河原田巧也、松本岳、星乃勇太、なだぎ武の前回メンバーも登場し、続編として新たなストーリーが展開される。

初日を前にしたキャストたちのコメントは以下の通り。

■伊藤節生 影山茂夫役
前回は僕の初舞台であり、『モブサイコ100』自体も初の舞台化だったので、皆さんからどんな反響をいただくのか不安だった部分もあるんですが、今回は皆さんからいっぱいお声をいただいたおかげで、続編ができたということで本当にうれしく思います。続編ということは、皆さんも「今回はここのシーンをやるんだろうな」と期待している部分があると思います。僕自身もそういう期待をしながら稽古をしていたのですが、“期待通りそれ以上”の作品になったと思います。戦闘シーンもかなり派手になっていて、今回は僕もすごく動くので、そこにもぜひ注目してください!

■馬場良馬 霊幻新隆役
初演から約半年という短いスパンで続編ができたということは、本当に前作でお客さんからの支持をたくさんいただけたおかげだなと思いますし、ということは今作への皆さんの期待値が高いのも必然なので、そこをしっかり超えられるよう1カ月間稽古をしてまいりました。本編には原作にはない舞台オリジナルのちょっとしたエピソードが盛り込まれていたり、舞台ならではのオリジナル部分もしっかり楽しめる作品になっていますので、そこにも注目して楽しんでいただければと思います。頑張ります!

■河原田巧也 花沢輝気役
前作の戦闘シーンでは結構アナログな闘い方をしていたんですが、今回は思う存分いろいろな技術を駆使してアクションシーンをつくっているので、「あ、これが超能力バトルなんだ」と前作とはまったく違う形で楽しんでいただけると思います。また、初日が終わって、いろいろなキャストの写真がネット上に上がると思いますが、僕に関しては諸事情があって、実際に観に来ていただかないと、本編の僕がどんな格好をしているかはほとんど見られません(笑)。今回は花沢輝気以外にも、“おいしい”兼役をいただいていますし、ぜひ劇場に観に来ていただいて、僕が本編で何をやっているか確かめてください!

■松本岳 影山律役
前作に引き続き、この影山律というキャラクターをできることを本当に光栄に思います。前作では律は出番が少なかったのですが、今回は演出の川尻さんが、律の内面的な部分をすごく繊細に描いてくださったので、それに応えられるように僕も頑張りたいです。物語的には、神室との出会いで律の心が変化していくところや、それによって生まれた律の兄さんへのむき出しの感情に注目していただきたいです。今回の舞台も全力で挑みたいなと思っているので、ぜひ観に来てください!

■平田裕一郎 神室真司役
僕が演じる神室は今回が舞台初登場で、僕自身も初めて舞台『モブサイコ100』の世界に入らせていただきました。今作は律とモブの兄弟愛の物語になっているんですが、そこに兄へのコンプレックスを抱えている僕が加わり、律に影響を与えていきます。その辺の人間関係に注目していただければと思います。また、兼役が「まさかこの人がこの役をやるなんて!」という配役になっているので、そこにも注目していただきたいです!

■なだぎ武 エクボ役
前回は教祖という役もあったので、全身で演技をするシーンもあったのですが、今回はもう霊体の役だけということで、ほぼ下半身は全身タイツで顔だけで演じるという初めての経験をしています(笑)。また、前作ではモブとのシーンばかりだったのですが、今作では律くんとのシーンが多く、その掛け合いに注目していただきたいです。舞台『モブサイコ100』第2弾ということで、いい意味で原作のファンの期待を裏切りつつ、そして大事なところで原作のファンの期待を裏切らない、そういう舞台にしたいなと思っております!

東京公演は17日(月・祝)まで。20日(木)から23日(日)まで新神戸オリエンタル劇場にて公演が行われる。

インフォメーション


■兵庫公演
2018年9月20日(木)〜23日(日)
・会場=新神戸オリエンタル劇場

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10181