朝夏まなと&神田沙也加の新イライザ誕生 ミュージカル『マイ・フェア・レディ』開幕 - 2018年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『マイ・フェア・レディ』2018開幕 1

▲ 寺脇康文(左)と朝夏まなと

ギャラリーで見る(全25枚)


『マイ・フェア・レディ』2018開幕 18 左から、別所哲也、神田沙也加、朝夏まなと、寺脇康文

▲ 左から、別所哲也、神田沙也加、朝夏まなと、寺脇康文

画像を拡大

このほかの写真も見る

朝夏まなと&神田沙也加のWキャスト主演によるミュージカル『マイ・フェア・レディ』が、東急シアターオーブにて開幕。その初日を前に囲み会見と、公開舞台稽古が行われた。

ジョージ・バーナード・ショーの戯曲『ピグマリオン』をもとに、ロンドンの下町の花売り娘イライザが、ヒギンズ教授の教育により社交界の華へと生まれ変わる姿を描いた『マイ・フェア・レディ』。1956年に初演されたブロードウェイ版のほか、オードリー・ヘップバーン主演の映画版でも多くの人びとに愛される名作だ。

日本では63年の初演から上演が重ねられ、日本初演50周年を迎えた2013年からは、G2の手掛ける新演出版となった同作。今回は、ヒギンズ役に寺脇康文&別所哲也を迎え、朝夏&寺脇、神田&別所の2カップルによるWキャストでの上演となっている。

宝塚歌劇団宙組を退団し、本作が退団後初のミュージカル出演となる朝夏、念願の役を演じられる喜びに満ちた神田と、それぞれに目を輝かせる新イライザが誕生。相手役・寺脇からは「まったく違う色の花が咲いている」とお互いのカップルの仕上がりに胸を張ると、その違いを別所は「鳥類と魚類くらいに違うかも(笑)」と表現。さらに「具体的なところを挙げると、早口言葉が違っていたりとか、いろいろな要素に違いがあります。僕らの早口言葉は、神田イライザが自身が選んだものですよ」と明かした。

寺脇も「動きもセリフもまったく違う。本当にそれぞれに魅力的なチームになったので、できれば両方観てほしいですね。割引はできませんけども(笑)」と笑いを誘いながらも、アピールした。

そのほか、会見での主なコメントは以下の通り。

■朝夏まなと
いよいよ始まるんだとワクワクドキドキしています。曲中にもある“じっとしてられない”という気持ちです。イライザには、共演者の皆さんとお芝居をやっていく上で、いろいろな発見がありました。前半から後半にかけての、外見の変化はもちろん、心の変化もはっきり伝わるイライザを目指して頑張ります。
前半は、どれだけワイルドにがさつに、後半はいかにレディになれるか、バランスを取りながら、一人の人間として説得力があるような人物として描きたいと思いますが、やっぱり舞台上では、共演者の皆さんから受けたものや、その時に心で感じたものを、そのままストレートにお芝居にできたらと思っています。
55周年という歴史のあるミュージカルに携わらせてもらえて、本当に貴重な経験だと思っています。劇場もセットもお衣裳も、オーケストラも音楽も、本当にすてきですし、その中で、素晴らしい共演者の皆さんと、『マイ・フェア・レディ』の世界でイライザでいられることを幸せに思って、千秋楽まで演じます。まずは初日を開けて、お二人にお渡しできるように、頑張ります。

■神田沙也加
稽古はびっくりするくらいあっという間でした。まだまだ稽古していたし、早く皆さんに見てもほしいし、劇場に入ってからはフワーッとした気持ちと楽しみと半々です。まずは、(朝夏&寺脇へ)全力でエールを送って、さらにそれを背負って頑張ろうと気持ちを新たにしているところです。
(念願のイライザ役には)今日までずっと幸せでした。毎日、歌を歌えるのも、お衣裳を着られるのもうれしかったです。でも念願とはいえ、たどり着いたところがゴールではなくて、さらにいろいろと発見がありました。それに、オーブに立ってみて『ミュージカルっていいな!』って原点に立ち返ることもできました。とても幸せな体験をしていると、つくづく感じています。
『マイ・フェア・レディ』というと、サクセスストーリーとかシンデレラストーリーのイメージですが、イライザのもともと持っていた魅力が、言葉づかいや知性を身に付けることで、浮き彫りになくという構図なんです。それが見せられるかが勝負。イライザの変わらない、普遍のものをいつも持っているようにしようと心掛けています。なので、狙って何かをするとか、奇をてらって面白くするとかではなく、いつも全力で、目の前にあるものに一生懸命な女性を演じれば、彼女の魅力や素質が、最後に華やかに花開くという見え方になるのではないかと思っています。
出演が決まってから今日まで、感じたことのない感覚をたくさん味あわせてもらえて、一人間、一女優として宝物をいただきました。たくさんの歌や言葉を発しますが、決して独りよがりにならないように、皆さんの目をしっかり見て、セリフをしっかりと聞いて、スタッフの皆さんがイライザを変身させてくれるという感覚をあらためて感じました。舞台の真ん中に立つことの大きさ、喜びを噛み締めて、ステージに立てたらと思います。

■寺脇康文
稽古場でいくら頑張っても出来は60〜70%。あとは、お客さんから栄養分をいただいて、どんな花が咲くのか待っているところです。まったく違った2つの色の花がどう咲いていくのか、大切に見ていきたいと思います。
3度目の出演ですが、自分の芝居をなぞってしまい、新鮮味がなくなるのが一番怖いこと。セリフに血を通わせるために、新鮮な思いをもう一度取り戻す必要がありました。G2さんの演出で、前回、前々回よりも、わりと大人っぽいヒギンズにつくり変えようとことになりまして、その苦労はあったけど、なんとかたどり着いたかな。一番忘れちゃいけないのは、どんなヒギンスであれ、彼は明るく陽気、純粋であること。そこだけは忘れないように気をつけて演じています。

■別所哲也
歴史ある伝統的な作品に関わって、重みと素晴らしさを実感しています。あとはお客様と一緒に育てていただけるように、今までやってきたこと、新しい『マイ・フェア・レディ』の姿をお届けしたいと思います。
ヒギンズは、言語学者なので、言葉へのこだわりがこれだけあるのか! というのは非常に感じています。また彼も、言葉の向こう側にあるもの、言葉に込められた言霊や心がどこにあるのかを、逆にイライザとの出会いで教えてもらうんです。さまざまな素晴らしい諸先輩が演じ継いで来た役なので、大切に僕なりに、情熱をもってチャーミングに神田イライザとつくり上げたいと思います。

この記事の写真

  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 1
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 2
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 3
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 4
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 5
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 6
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 7
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 8
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 9
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 10
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 11
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 12
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 13
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 14
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 15
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 16
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 17
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 18 左から、別所哲也、神田沙也加、朝夏まなと、寺脇康文
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 19 朝夏まなと
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 20 神田沙也加
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 21 寺脇康文
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 22
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 23 朝夏まなと(左)と寺脇康文
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 24 別所哲也(左)と神田沙也加
  • 『マイ・フェア・レディ』2018開幕 25 神田沙也加(左)と朝夏まなと

インフォメーション


■福岡公演
2018年10月6日(土)・7日(日)
・会場=久留米シティプラザ ザ・グランドホール

■広島公演
2018年10月10日(水)・11日(木)
・会場=上野学園ホール

■大阪公演
2018年10月19日(金)〜21日(日)
・会場=梅田芸術劇場 メインホール

■愛知公演
2018年10月24日(水)・25日(木)
・会場=日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

■大分公演
2018年10月31日(水)・11月1日(水)
・会場=iichiko総合文化センター iichikoグランシアタ

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10185