窪田正孝&柚希礼音主演×金守珍演出『唐版 風の又三郎』が上演 - 2018年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『唐版 風の又三郎』左から、唐十郎、金守珍、窪田正孝、柚希礼音

▲ 左から、唐十郎、金守珍、窪田正孝、柚希礼音


唐十郎作『唐版 風の又三郎』が、窪田正孝&柚希礼音主演×金守珍演出により、Bunkamuraシアターコクーンにて上演される。

宮沢賢治「風の又三郎」に、ギリシャ神話やシェイクスピア『ヴェニスの商人』、さらに初演の前年1973に起った自衛隊員による隊機乗り逃げ事件などを織り込み、民衆の“神話”として創作された本作。1974年に、唐十郎ら状況劇場にて、根津甚八、李礼仙、小林薫というメンバーの共演で初演され、高い評価を受けた一作だ。

このたび、『唐版 滝の白糸』(2013年)に出演した窪田正孝、芸歴20周年という節目の年にアングラ演劇に挑む柚希のW主演により上演が決定。共演には、意外にも唐作品初参加となる風間杜夫をはじめ、北村有起哉、丸山智己、江口のりこ、山崎銀之丞、石井愃一、六平直政、大鶴美仁音など、若手からベテラン、金守珍率いる劇団新宿梁山泊の面々など、多彩な面々が集結する。

インフォメーション

Bunkamura 30周年記念
シアターコクーン・オンレパートリー2019
『唐版 風の又三郎』

【スタッフ】作=唐十郎 演出=金守珍
【キャスト】窪田正孝/柚希礼音/北村有起哉/丸山智己/江口のりこ/大鶴美仁音/えびねひさよ/広島光/申大樹/染野弘考/小林由尚/加藤亮介/三浦伸子/渡会久美子/傳田圭菜/佐藤梟/日和佐美香/清水美帆子/石井愃一/山崎銀之丞/金守珍/六平直政/風間杜夫

■東京公演
2019年2月8日(金)〜3月3日(日)
・会場=Bunkamuraシアターコクーン
・一般前売=11月25日(日)開始
・料金=全席指定S席10,500円/A席8,500円/コクーンシート5,500円

■大阪公演
2019年3月8日(金)〜14日(木)
・会場=森ノ宮ピロティホール
・一般前売=2019年1月中旬予定

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10191