吉谷光太郎、5年ぶりのオリジナル作品 植田圭輔主演『RE:VOLVER』が上演 - 2018年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

舞台『男水!』やミュージカル『ヘタリア』シリーズなどを手掛ける吉谷光太郎が、5年ぶりにオリジナル作品を上演。舞台『RE:VOLVER』が、10月に東京・THEATREを1010と、大阪・サンケイホールブリーゼにて上演される。

物語の舞台となるのは、巨大な“城塞”に囲まれた都市「霞宮(カミヤ)」。もともとは外国船でやって来た海賊の英雄に与えられた都市国家だったが、帝国への独立戦争での敗北によって、その後市民たちは戦犯扱いとなり、都市はさながら高い壁の監獄と化しているという世界だ。かつて、都市脱出の夢に破れた貧民街の少年たちが、再び集結し、暴政を敷く帝国軍に立ち向かう、アクションエンターテインメントになるという。

キャストには主演の植田圭輔をはじめ、橋本祥平、山田ジェームス武、櫻井圭登、磯貝龍虎、川隅美慎、成松慶彦、山岸拓生、タイソン大屋、安西慎太郎というメンバーがそろう。

■吉谷光太郎
“ハードボイルド×海賊”みたいな作品をつくりたくて企画しました。少年時代、一度夢を壊されてしまった者たちが再び集まって、夢をかなえる再生の物語です。日本では歴史上、存在しなかったとされる城塞都市の壁に阻まれた世界の貧民街で暮らす主人公たち。この物語にはあまり善良な人が出ませんが、それでも自分の生きざまを信じて進みます。アクションエンターテインメント群像劇として、力のあるキャストたちに芝居と熱量とアクションで戦ってもらいたいと思います。

インフォメーション

舞台『RE:VOLVER』

【スタッフ】作・演出=吉谷光太郎
【キャスト】植田圭輔/橋本祥平/山田ジェームス武/櫻井圭登/磯貝龍虎/川隅美慎/成松慶彦/山岸拓生/タイソン大屋/安西慎太郎

■東京公演
2018年10月18日(木)〜22日(月)
・会場=THEATRE1010

■大阪公演
2018年10月27日(土)・28日(日)
・会場=サンケイホールブリーゼ

各公演とも
・チケット発売中
・料金=全席指定7,800円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10197