乃木坂46若月佑美&三戸なつめ出演で松本大洋「鉄コン筋クリート」が舞台化 - 2018年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

乃木坂46・若月佑美&三戸なつめの共演で、松本大洋の人気漫画「鉄コン筋クリート」が初舞台化される。

原作は、1993〜94年に松本大洋が小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載した同名漫画だ。懐かしさと危険な空気が混在する「宝町」を舞台に、暴力で生活を稼ぐ少年シロ&クロを軸に、町の支配を企む海外ギャングの再開発計画をめぐるドラマが展開。大人の思惑がうごめく混沌とした街の中で、お互いを補完し合い生き抜く二人の少年の姿が、怒涛のスピード感で描かれる。

2006年に公開された劇場版アニメも好評を博した松本の代表作が、舞台版として復活。クロ役を演じる若月、シロ役を演じる三戸のほか、共演には、谷口賢志、コング桑田、玉置玲央、花王おさむ、窪塚俊介、中西良太ら、個性派・実力派たちが顔をそろえる。

■若月佑美(乃木坂46) クロ役
私自身「鉄コン筋クリート」は、何度読み返したのかわからないくらい、とても大好きなので、すごくありがたいお話をいただけたなと感じています。クロという、すごくすごく重要な役をいただいて、若干ドキドキしていますが、自分なりにたくさん噛み砕いて、クロの良いところをいっぱい出せるように頑張りたいなと思っております。この原作自体、すごくメッセージ性が強く、それが舞台になった時にどういうふうに表現できるのかというところを楽しみにしていただけたらなと思います。

■三戸なつめ シロ役
「鉄コン筋クリート」は、小さいころから本当に大好きな作品で、今回シロ役をいただいたときは、死ぬほどうれしかったです! シロは、とても難しい役だなと感じています。シロの内面の部分や頭の中をどれだけ自分が表現できるのか、しっかりシロと向き合って挑戦していきたいと思っています。観に来てくださる皆様に、「鉄コン筋クリート」の世界に酔いしれていただけるよう、キャスト・スタッフ一丸となって、最高の舞台をつくり上げていきたいなと思っています。

この記事の写真

  • 『鉄コン筋クリート』ビジュアル
  • 『鉄コン筋クリート』若月佑美
  • 『鉄コン筋クリート』三戸なつめ

インフォメーション

舞台『鉄コン筋クリート』

【スタッフ】原作=松本大洋「鉄コン筋クリート」(小学館ビッグスピリッツコミックス刊) 脚本=畑雅文 演出=松崎史也
【キャスト】若月佑美(クロ、乃木坂46)/三戸なつめ(シロ)/谷口賢志(蛇)/我善導(組長)/船木政秀(チョコラ)/橘輝(バニラ)/加藤靖久(福助)/新田健太(虎)/コング桑田(藤村)/玉置玲央(沢田)/山下征志(安達)/書川勇輝(大田)/新原美波(朱美)/齋藤久美子(朝)/木原実優(夜)/花王おさむ(源六)/窪塚俊介(木村)/中西良太(鈴木)

2018年11月18日(日)〜11月25日(日)
・会場=天王洲 銀河劇場
・一般前売=10月28日(日)開始
・料金=全席指定8,500円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10202