「中村勘三郎 七回忌追善 偲ぶ会」に1200人が参列 - 2018年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
「十八世中村勘三郎 七回忌追善 偲ぶ会」1 中村勘九郎(左)と中村七之助

▲ 中村勘九郎(左)と中村七之助

ギャラリーで見る(全3枚)


2012年に亡くなった歌舞伎俳優・中村勘三郎の「七回忌追善 偲ぶ会」が、27日、都内で開かれ、関係者らが約1200人が出席した。

長男・中村勘三郎は「丸6年、お父さんと会っていません。何だか不思議です。あまりにも突然、せっかちのようにいってしまったものですから。僕ら家族は、どこか巡業に行っていて、ひょっこりと左手をポケットに突っ込んで、『ただいま』と帰ってくる気がしてなりません」としみじみと心境を明かす。

そして「皆様とご挨拶して、父に会いたいなという思いが増しましたし、誰よりも、父がみんなに会いたいだろうと思いました。また一緒に芝居したい人、芝居を見せたい人、酒を飲みにご飯を食べたいところ、ゴルフしたい仲間とか……本当に悔しいです」と思いを込めて語った。

また、10月・歌舞伎座、11月・浅草平成中村座と2カ月連続で開催される追善興行に向けて「父の愛する歌舞伎座と、全霊を懸けた中村座で興行ができることは、ひとえに父のおかげ。また、大好きな先輩方・後輩・同輩・スタッフ・裏方、そして、父を愛してくださった皆様のおかげと、深く厚く御礼を申し上げます」と感謝の言葉を送った。

次男・七之助は「2カ月連続での追善興行を本当に幸せに思っています。皆様、お一人お一人のお顔を拝見してご挨拶して、父への愛と力をいただきました。その愛と力を心に刻み、偉大なる諸先輩方の力を借りて、追善興行を勤め上げることが、父を愛してくださったお客様、そして父への恩返しだと思っています」と意気込んだ。

この記事の写真

  • 「十八世中村勘三郎 七回忌追善 偲ぶ会」1 中村勘九郎(左)と中村七之助
  • 「十八世中村勘三郎 七回忌追善 偲ぶ会」2 中村七之助(左)と中村勘九郎
  • 「十八世中村勘三郎 七回忌追善 偲ぶ会」3

インフォメーション

歌舞伎座百三十年
『芸術祭十月大歌舞伎』十八世中村勘三郎七回忌追善

【演目】昼の部「三人吉三巴白浪」「大江山酒呑童子」「佐倉義民伝」松本白鸚/中村扇雀/中村獅童/中村勘九郎/中村七之助 ほか
夜の部「宮島のだんまり」「吉野山」「助六曲輪初花桜」片岡仁左衛門/坂東玉三郎/中村扇雀/中村勘九郎/中村七之助 ほか

2018年10月1日(月)〜25日(木)
・会場=歌舞伎座
・チケット発売中
・料金=全席指定1等席18,000円/2等席14,000円/3階A席6,000円/3階B席4,000円/1階桟敷席20,000円

『平成中村座 十一月大歌舞伎』十八世中村勘三郎七回忌追善

【演目】昼の部「実盛物語」「近江のお兼」「狐狸狐狸ばなし」中村勘九郎/中村七之助/中村扇雀/中村芝翫
夜の部「弥栄芝居賑」「舞鶴五條橋」「仮名手本忠臣蔵 祇園一力茶屋の場」中村勘九郎/中村七之助/中村芝翫/中村扇雀

2018年11月1日(木)〜26日(月)
・会場=平成中村座
・一般前売=10月7日(日)開始
・料金=全席指定 松席15,000円/竹席14,500円/梅席11,000円/桜席9,500円/お大尽席35,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10207