佐藤隆太、宮近海斗、永田崇人らが名作映画を舞台化 『いまを生きる』が開幕 - 2018年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『いまを生きる』開幕 1 左から、中村海人、永田崇人、大和田伸也、佐藤隆太、宮近海斗、七五三掛龍也

▲ 左から、中村海人、永田崇人、大和田伸也、佐藤隆太、宮近海斗、七五三掛龍也

ギャラリーで見る(全24枚)


『いまを生きる』開幕 11

画像を拡大

『いまを生きる』開幕 12

画像を拡大

このほかの写真も見る

佐藤隆太主演の舞台『いまを生きる』が、本日5日に新国立劇場 中劇場にて開幕。その初日公演を前に、公開舞台稽古と囲み会見が行われた。

1989年にロビン・ウィリアムズ主演、ピーター・ウィアー監督で公開された映画「いまを生きる」。ニューイングランドの全寮制学院を舞台に、自由で型破りな新任英語教師キーティングと、学生たちの交流を描いた本作は、第62回アカデミー賞で脚本賞に選ばれたほか、多くの映画ファンに愛され続ける一作となった。舞台版は、2016年にオフ・ブロードウェイで上演。映画版の脚本を執筆したトム・シュルマンが舞台版脚本を手掛けたことでも話題を呼んだ。

このたび、近年『キューティー・ブロンド』などで注目を集める上田一豪の演出・上演台本で日本初演が実現。佐藤が、厳しい規律で縛られてきた男子高校生たちに新たな視点や影響を与える若き教師ジョン・キーティングに挑んでいる。

通し稽古を終えて、佐藤は「いよいよだなという実感ができた。良い時間になりました」と手応えをのぞかせると、校長ポール・ノーラン役の大和田伸也は「本当は隆太さんの役がやりたかったけど、年齢的なこともあってね(笑)」と冗談を交じえながらも、「(佐藤は)誠意溢れる、突き進む姿がとても素晴らしい。彼ら(生徒たち)もキラキラ輝いて、一緒に出演しているけどワクワクしながらできました」と太鼓判を押した。

佐藤自身も思い入れのある映画だという本作。「大好きな作品で、役者をやってるいる人間で、キーティング先生を演じたい人はきっとたくさんいるだろうから、とても光栄。ロビン・ウィリアムズに引っ張られ過ぎないように、上田さんとの演出のもと、舞台版としてのカラーが出るようにしました」と気を引き締めた。

生徒を演じるメンバーには、好きなシーンについての質問が。生徒たちの中心的存在となるニールを演じる宮近海斗(Travis Japan/ジャニーズJr.)は「僕は先生と一対一で対峙するシーン。授業でなくて、目と目を合わせて、ちゃんと受け取る大きなシーンなので」と答える。物語後半には、重要な要素となる衝撃的なシーンを担うことになるが「そこへ向けて、繊細に“道”をつくっていかないといけないので、大変だったけど、そういうものに触れて幅が広がった」と頼もしい言葉を聞かせてくれた。

生徒たちの中で唯一、ロマンスが生まれるノックス役・七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)は「(恋人)クリスとノックスのシーンが気に入っていて、稽古から、リハーサルが終わった今も心臓バクバクです」とコメント。内気な転校生トッドを演じる永田崇人は「キーティング先生の授業はどれも好き。先生や周りに助けられて成長する役なので、やっぱり授業は重要な意味を持つし、とっても大切にしてますね」と笑顔を見せた。

素直でまじめなキャメロンを演じる中村海人(Travis Japan/ジャニーズJr.)は「生徒たちみんなで、厳しい学校を夜に抜け出して、洞窟で詩を読むところ。僕は、あまり秘密基地で遊ぶとかいう経験がなかったので、洞窟で詩を読んで高揚する感じが楽しい」と話した。

また「先輩の佐藤・大和田から学んだことは?」と問われると、宮近は「数々の作品でお芝居をされてる“ザ・俳優”。いろいろ小さな所作とか、お芝居へのスイッチの仕方とか、“本物”だなと身に沁みた」と語る。七五三掛は「大和田さんの言葉で『技術どうこうじゃなくて、お客さんに伝える気持ちが大切。それを一番芝居で大事にして』と。それを心掛けてきました」と明かすと、大和田は「何気なくいろいろと喋るけど、こうしてキャッチしてくれるのはうれしいし、長いことやってきてよかった(笑)」と笑いながらも感慨深い様子で、「素直で正義感溢れて、キリッとしてて真摯で、涙を流して稽古していて、そういうところがハーモニーを生む」と生徒たちの熱演を称賛した。

中村は「僕はセリフ覚えがあまり得意じゃないので、一人でセリフを覚えようと外に行ったら、隆太さんが、生徒でみんな一緒にセリフを読む機会をつくってくれたんです。そのおかげで覚えられたし、生徒との距離感も掴めました。そういう優しさ、温かさに助けられました」と、佐藤の役同様の先生ぶりを感じさせるエピソードを披露した。

永田は「どちらかというと僕は教えてもらうというより、こっそり盗むタイプで、細かいところも参考になったし、大和田伸也さんは、一見怖いなと思ったら(笑)、いつも稽古場を賑やかしてくれてムードメイクしてくれた」と述べながら「生徒たちは、(佐藤に)よくご飯に連れてっいってもらって、いろいろとお芝居のお話してくれました」と振り返った。

生徒たちが、もつ煮込み屋に蕎麦屋、牛串屋、イタリアンと次々と振り返る料理の数々に、報道陣から「結構、召し上がるのでは?」と質問が飛ぶと、宮近は「結構、召し上がりますね(笑)。これからもお世話になろうと思ってます(笑)」と笑いを誘う一幕もあった。

和やかな関係性が伺えるキャストたち。稽古場のムードメーカーについて問われると、佐藤は「生徒役のみんなが元気だし、それぞれの個性は立つけど仲良くて、いい雰囲気の中でできました。演出を受けてないシーンでも、稽古場の外で芝居を合わせていたりして、努力の積み重ねはいいなと思ったし、自分も刺激をもらいました」と充実した表情だ。年齢差についても「一番年下の子とは20歳離れてるし、最初は大丈夫かなと思ったけど、みんな人懐っこいし、僕が気にしててもみんなが壁を破って乗り越えてくれて、おかげで良い距離感がつくれた」とチームワークの良さが伝わる。

大和田は、そんなカンパニーの仕上がりに胸を張り、「今はパワハラとか、いろいろありますが、この芝居から、どうやって若者たちが学べばいいのか、大人たちにも参考になるはず。タイムリーですよね」と語った。

最後に佐藤が「多くの映画ファンから愛される名作なので、出演者みんながプレッシャーを抱えながらスタートした稽古でしたが、何とか一つ一つ積み重ねてきて、やっと初日を迎えることができました。生徒役のみんなは本当にキラキラしているので、きっとパワーを持って帰ってもらえる作品になったと思います」と力強くメッセージを送り会見を締めくくった。

公演は24日(金)まで。なお、現在発売中の「シアターガイド」11月号では、本作の稽古場リポートを掲載している。公演と併せてこちらもチェックしていただきたい。

同じ記事の写真

  • 『いまを生きる』開幕 1 左から、中村海人、永田崇人、大和田伸也、佐藤隆太、宮近海斗、七五三掛龍也
  • 『いまを生きる』開幕 2
  • 『いまを生きる』開幕 3
  • 『いまを生きる』開幕 4
  • 『いまを生きる』開幕 5
  • 『いまを生きる』開幕 6
  • 『いまを生きる』開幕 7
  • 『いまを生きる』開幕 8
  • 『いまを生きる』開幕 9
  • 『いまを生きる』開幕 10
  • 『いまを生きる』開幕 11
  • 『いまを生きる』開幕 12
  • 『いまを生きる』開幕 13
  • 『いまを生きる』開幕 14
  • 『いまを生きる』開幕 15
  • 『いまを生きる』開幕 16
  • 『いまを生きる』開幕 17
  • 『いまを生きる』開幕 18
  • 『いまを生きる』開幕 19
  • 『いまを生きる』開幕 20
  • 『いまを生きる』開幕 21 佐藤隆太
  • 『いまを生きる』開幕 22 宮近海斗(左)と七五三掛龍也
  • 『いまを生きる』開幕 23 永田崇人
  • 『いまを生きる』開幕 24 中村海人

インフォメーション

舞台『いまを生きる』

【スタッフ】脚本=トム・シュルマン 演出・上演台本=上田一豪
【キャスト】佐藤隆太/宮近海斗(Travis Japan/ジャニーズJr.)/永田崇人/七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)/中村海人(Travis Japan/ジャニーズJr.)/浦上晟周/田川隼嗣/冨家規政/羽瀬川なぎ/大和田伸也

2018年10月5日(金)〜24日(水)
・会場=新国立劇場 中劇場
・料金=全席指定S席9,000円/A席7,000円

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10217