田中美佐子&飯豊まりえを迎え、宅間孝行・タクフェス『流れ星』が上演決定 - 2018年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
タクフェス『流れ星』左から、田中美佐子、飯豊まりえ、宅間孝行

▲ 左から、田中美佐子、飯豊まりえ、宅間孝行

ギャラリーで見る(全4枚)


宅間孝行主宰「タクフェス」の2019年秋公演として、東京セレソンデラックスの代表作『流れ星』が上演される。

東京の片隅にある古びた下宿屋「徳秀館」を営む星野謙作と夏子の熟年夫婦。冷え切った夫婦関係のまま、突然、謙作と死別してしまった夏子の前に「4つの願いをかなえてくれる」という魔法使いのマリーが現れて……。

2006年の初演、09年の再演で東京セレソンデラックスの代表作となった感動作が、タクフェスの演目として登場。キャストには、タクフェス初参戦となる田中美佐子、そして、舞台初出演となる飯豊まりえが決定した。

この記事の写真

  • タクフェス『流れ星』左から、田中美佐子、飯豊まりえ、宅間孝行
  • タクフェス『流れ星』ティザー
  • 田中美佐子
  • 飯豊まりえ
  • 宅間孝行

インフォメーション

タクフェス第7弾
『流れ星』

【スタッフ】作・演出=宅間孝行
【キャスト】田中美佐子/飯豊まりえ/宅間孝行

2019年秋上演予定

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10235