ミュージカル『アニー』2019年公演の合格者が決定 - 2018年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『アニー』2019オーディション 1 岡菜々子(左)と山崎玲奈

▲ 岡菜々子(左)と山崎玲奈

ギャラリーで見る(全3枚)


ミュージカル『アニー』2019年公演の最終オーディションが、21日に都内で行われ、アニー役2名と孤児役12名の子供キャストが決定した。

1986年の日本初演から上演が重ねられ、多くの人びとから親しまれてきた本作。34年目となる2019年公演のアニー役には、小学校6年生・11歳、山崎玲奈(やまざき・れな)と、小学校4年生・9歳、岡菜々子(おか・ななこ)の二人が選ばれた。

■山崎玲奈(アニー役)
今回のオーディションが2回目なのですが、前回はダンスの2次審査で落ちてしまって、悔しくて今回までダンスを頑張りました。なので、今回受かってとってもうれしいです。落ちた時にバレエの練習を週6で通いました。歌も知り合いの先生に教わってアニーになりたい言っていました。その後、自分の中にまあまあ自信がついてきました。観ている人が、笑顔でこの子すごくて優しい明るいアニーだなと思ってもらえるように頑張りたいと思います。アニーの家族想いなところが似ていると思います。自分がつらいのに、皆に笑顔で明るさを振る舞っていて、皆が引き寄せられていて、すごいなと思うのでそんなアニーになりたいです。
【受かったら家族と約束していることはありますか?】
ディズニーランドの年間パスを買ってもらえることが楽しみです(笑)

■岡菜々子(アニー役)
何度か受けた別役オーディションの時は2次審査で落ちてしまって、今回、初の最終予選で受かったので心臓が飛び出そうでした。落ちてからダンスだけではなく、歌や演技を練習しました。元気よくて、笑えて、観ている皆さんが明るく元気で帰られるような勇気を与えられるアニーになりたいです。アニーとはやんちゃ名ところが似ているかなと思います。アニーはお母さんやお父さんを探していて哀しい思いをしていて、孤児で絶望的な思いをしているのに明るくて、ずっと夢を持ち続けているアニーが凄いと思うので、そんなアニーになりたいです。
【受かったら家族と約束していることはありますか?】
おばあちゃんにオーディション中は太るからと止められていたおはぎが食べれることです(笑)。お母さんにはディズニーに連れてってもらいます(笑)。

■山田和也(演出)
オーディションは選ぶというのではなく、出会ったという感覚ですね。きっと世の中にはアニーがいると思ってやっているので、こうやって二人に会えたので、良く合ってくれましたって感覚ですね。アニーは明るく、人の心が分かる子とは思うけど、ずる賢いとか抜け目がないとか、したたかで、物怖じしないような、そういう普段隠しているようなことを思い出してくれるとうれしいです。

『アニー』2019年公演は、4月27日(土)から5月13日(月)にて新国立劇場 中劇場にて予定。

この記事の写真

  • 『アニー』2019オーディション 1 岡菜々子(左)と山崎玲奈
  • 『アニー』2019オーディション 2 左から、新井夢乃、岡菜々子、山崎玲奈、宮城弥榮
  • 『アニー』2019オーディション 3 後列は左から、佐橋俊彦(音楽監督)、山田和也(演出)、広崎うらん(振付・ステージング)

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10245