【試写会】ピュリッツァー賞&トニー賞W受賞の傑作舞台が映画化アカデミー賞、2部門にもノミネートされた話題作 映画「8月の家族たち」特別試写会に5組10名様をご招待! - プレゼント - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

プレゼント

2014/2/28

【試写会】ピュリッツァー賞&トニー賞W受賞の傑作舞台が映画化
アカデミー賞、2部門にもノミネートされた話題作 映画「8月の家族たち」特別試写会に5組10名様をご招待!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
august.jpg

ピュリッツァー賞&トニー賞を獲得した傑作舞台を映画化した「8月の家族たち」(原題:August: Osage County)が、4月18日より全国にて公開されます。

原作はトレイシー・レッツの戯曲「August: Osage County」。07年に初演され、翌年にはピュリッツァー賞戯曲部門賞を受賞、さらにトニー賞では演劇作品賞ほか計5部門に輝きました。今回映画化を実現したのは、ジョージ・クルーニー率いるアカデミー賞受賞作「アルゴ」の製作陣。TVドラマ「ER」の監督・製作総指揮などを務めたジョン・ウェルズが監督を手掛け、脚本はレッツ自身が担当しています。

本作で初共演となったメリル・ストリープとジュリア・ロバーツは、激しいぶつかり合いや乱闘を展開しながら、愛と葛藤が入り乱れる複雑な母娘関係を見事に演じ、第71回ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞と助演女優賞、さらに第86回アカデミー賞でも主演女優賞と助演女優賞にWノミネートとなりました。 その他にもユアン・マクレガー、ベネディクト・カンバーバッチ、ジュリエット・ルイス、クリス・クーパー、サム・シェパード、アビゲイル・ブレスリンら豪華キャストが脇を固めています。

[ストーリー]
8月の真夏日。父が失踪したと知らされ、オクラホマにある実家へ集まった三姉妹。 真面目すぎて暴走しがちな長女バーバラと、反抗期のムスメ、実は別居中の夫。ひとり地元に残り秘密の恋をしている次女アイヴィー。自由奔放な三女カレンと、その不審な婚約者。迎えるのは、闘病中だが気が強く、率直で毒舌家の母ヴァイオレットと、その妹家族。 生活も思惑もバラバラな”家族たち”は、つい言わなくてもいい本音をぶつけあい、ありえない”隠しごと”の数々が明るみにーー。 なぜ父は消えたのか?家族はひとつになれるのか?!

この作品の特別試写会に、シアターガイドネット会員の中から抽選で5組10名様をご招待いたします。

» 映画「8月の家族たち」公式HP

» このプレゼントに応募する

このプレゼントの応募は終了しました。

注意事項
・ご応募はお一人様1回までとさせていただきます。
・ご応募を受付け次第、受付け完了メールをお送りいたします。なお、携帯電話のメールには対応しておりませんので、必ずパソコンのメールアドレスをご登録ください。
・当選権の転売・譲渡はお断りいたします。
・個人情報の取り扱いについてはこちら
当選発表について
・応募期間終了後、抽選で当選者を決定いたします。
・当選者への当選通知のメール配信をもって発表に代えさせていただきます。
・当選通知メールは、3月10日(月) 20:00までに配信の予定です。
・当選者には当選通知メール配信後、賞品の発送に必要な情報を3月13日(木)15:00までに弊社宛にご返信いただきます。返信メールを確認でき次第ご当選確定となりますのでご注意下さい。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5979