【チケプレ】セルリアンタワー能楽堂 伝統と創造シリーズ Vol.7『オセロー&オテロ〜ピアノ・オペラ・ダンスで奏でる〜』に合計3組6名様をご招待! - プレゼント - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

プレゼント

2014/7/4

【チケプレ】セルリアンタワー能楽堂 伝統と創造シリーズ Vol.7『オセロー&オテロ〜ピアノ・オペラ・ダンスで奏でる〜』に合計3組6名様をご招待!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
cerulean_2014.jpg

コンテンポラリーダンスの振付家が“能楽堂”という最も古い古典様式の空間を「どのように解釈し、表現するか」を問うプロジェクトとして、08年よりスタートした “伝統と創造シリーズ”の第7弾『オセロー&オテロ〜ピアノ・オペラ・ダンスで奏でる〜』が 8月7日(木)より上演されます。

これまでに森山開次や小野寺修二らも参加し、コンテンポラリーダンスに限らず、クラシックバレエ、ピアニストなど、さまざまなジャンルのアーティストとのコラボレーションを実現させてきた同シリーズ。

第7弾となる本公演の演出を手掛けるのは、現在、ドイツ・レーゲンスブルク劇場のバレエ芸術監督として活躍中の森優貴。ヨーロッパでは初めてとなった公立劇場の日本人芸術監督を務める森は、源氏物語をモチーフとした第1弾『ひかり、肖像』でも演出・振付・出演を担当。芸術監督就任後、初の東京公演となる本公演では、「シェイクスピアのオセロー&ヴェルディのオテロ」を、新国立劇場バレエ団名誉ダンサーの酒井はなとともに踊ります。
オペラ界からは、世界でも貴重なテノール・リリコ・スピントと絶賛された水口聡と、ヨーロッパと日本を中心に活躍するソプラノの市原愛が参加。ふたりが演じるオテロとデズデモーナに加え、東京藝術大学音楽学部名誉教授のピアニスト・北川曉子がイヤーゴのパートを演奏します。
また、同シリーズ発起人のひとりで、第1弾から全公演に関わってきた能楽師の津村禮次郎が、全編を通してイヤーゴを演じます。

能楽堂で出会う新しい伝統に是非、ご期待ください。

この作品にシアターガイド・ネット会員の中から抽選で合計3組6名様をご招待いたします

» セルリアンタワー能楽堂 伝統と創造シリーズ Vol.7『オセロー&オテロ』公演詳細ページ

» このプレゼントに応募する

このプレゼントの応募は終了しました。

注意事項
・ご応募はお一人様1回までとさせていただきます。
・ご応募を受付け次第、受付け完了メールをお送りいたします。なお、携帯電話のメールには対応しておりませんので、必ずパソコンのメールアドレスをご登録ください。
・公演当日のチケット引き換えのため、当選者のお名前を主催者に通知いたします。
あらかじめご了承の上、ご応募ください。

・座席の指定はできません。
・当選権の転売・譲渡はお断りいたします。
・個人情報の取り扱いについてはこちら
当選発表について
・応募期間終了後、抽選で当選者を決定いたします。
・当選者への当選通知のメール配信をもって発表に代えさせていただきます。
・当選通知メールは、7月14日(月) 20:00までに配信の予定です。
・突然のキャンセル、遅刻の際は必ず指定の連絡先にご一報ください。
・指定時間までにご来場されなかった場合には、当選が無効になることがありますのでご注意ください。
・無断キャンセルされますと、今後のプレゼント当選候補から外させて頂くことがあります。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/6268