【チケプレ】中国の気鋭演出家を迎えた江戸糸あやつり人形「結城座」最新作に4組8名様をご招待! - プレゼント - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

プレゼント

2017/10/28

【チケプレ】中国の気鋭演出家を迎えた江戸糸あやつり人形「結城座」最新作に4組8名様をご招待!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

画像を拡大

江戸糸あやつり人形劇団・結城座が、中国の新進気鋭の演出家ワン・チョンを迎えて、新作人形芝居を上演。『雀去冬来(チュエ チュイ ドン ライ)すずめさりてふゆきたる』のチケットを、会員の皆さまの中から抽選で4組8名様にプレゼントいたします。

脚本は、ワン率いる「薪伝実験劇団(しんでんじっけんげきだん)」の座付作家である若手ザオ・ビンハオの書き下ろし。数年前に彼らの舞台に次なる可能性を見出した結城孫三郎が自ら立ち上げた企画で、熱いディスカッションを経て、このたび結城座との初顔合わせが実現します。

物語の舞台は、アジアのとある老人ホーム。終の棲家で暮らす老人たちが、“老い”との向き合うその姿は、時にコミカルに時にシリアスに描かれ、やがて物語は思いもよらぬ結末へと展開し、さまざまな人生が揺れ動いていくさまを描く群像劇です。

さらに、383年の歴史の中、結城座が初めてライブ映像を取り入れた演出にも挑戦。映像と人形芝居が交錯する舞台の多元性にもご注目ください。

なお、発売中の「シアターガイド」12月号ではワン・チョン×結城孫三郎の対談を掲載しています。ぜひこちらもチェックしてみてください。

【あらすじ】とある老人ホームに新人介護士として着任した小林には、前科二犯の過去がある。無事に定年を迎えることだけを望む医師と、共にホームの老人たちの世話をし始めた小林の日常は、老人たちの吐瀉物や排泄物の処理を繰り返すことになっていく。
一方、娘を預ける病院を探している父親に間違って連れて来られた少女チリレンカは、自分を兎だと思いこんでいる。ホームに住み着いた少女は、それぞれの方法で老いと向き合いながら孤独を抱えて生きている老人たちの心に寄り添う。
小林、チリレンカ、老人たちの関係はいつしか互いを巻き込み合い、変化していくのだった。その日常の先にあるものとは……。

この記事の写真

  • 江戸糸あやつり人形 結城座『雀去冬来』1
  • 江戸糸あやつり人形 結城座『雀去冬来』2

このプレゼントの応募は終了しました。

注意事項
・ご応募はお一人様1回までとさせていただきます。
・ご応募を受付け次第、受付完了メールをお送りいたします。迷惑メールフィルタを設定されている方はご注意ください。
・応募期間終了後、抽選で当選者を決定いたします。
・当選者発表は発送をもって発表に代えさせていただきます。
・プレゼントの発送は11月13日(月)を予定しております。
・賞品の発送は国内に限ります。
・当選権の転売・譲渡はお断りいたします。
・お客さまの個人情報はプレゼント発送のために利用いたします。本人様の同意がない限り第三者には提供いたしません。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9592